スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    あの頃が懐かしい。

    人に馴染めなくて、反抗して、あえて意見を無視して、殴られて…
    痛いことも悲しいことも色々あったけど…
    こうして過ぎ去ってみると、それは必要な事だったのだと思う。
    あの日があるから、今の、強い俺がある。
    こうしてあの日を懐かしく振り返ることができる”幸せ”を持つ俺につながっている。

    だから…わかったんだ。
    あの日を俺は忘れちゃいけないって。
    まだ俺は過去を思い出し、振り返るだけの時間を持っているんだって。


    ーーー綴る言葉が俺にはあるんだ。


    語られていない物語がこの胸に沢山ある。
    最期まで自分の為に生きた人の事、俺を最期まで信じてくれた人の事、
    大切な人の意思を最期まで引き継いだ人の事、誰よりも強く、優しかった人の事…
    もうソレを綴る本は残っていない…誰も読もうとしないかも知れない。
    でも、俺は語りたい。
    誰もいなくても、ソレがもう過去のものになったとしても、
    泡のように湧き上がるこの言葉が次にいつここに居るアンタに通じるかわからないけれど。


    『この本に蓋をしてください…
     この島に落ちる涙と苦しみが二度と起こらないように』
    スポンサーサイト
    自己紹介
    伝書ひよこ
    ◆HN-伝書ひよこ

    オタと腐女子の間くらいに生息する生物
    詳しくは本家webサイト及びPIXIV参照

    尚、リンクはご自由にどうぞ

    伝書ひよこ

    Author:伝書ひよこ
    FC2ブログへようこそ!

    最近の記事
    カテゴリー
    Twitter
    PIXIV
    カウンター
    ブログ内検索
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。